【衝撃】風俗嬢が常連客を切る(出禁にする)理由とは

風俗 出入り禁止

どうも~!魔法使いにならなかったおっさんですヘ(゚∀゚ヘ)

みなさんはお気に入りの風俗店&風俗嬢っていますかね??
自分好みの風俗嬢を見つけると通い詰めてしまうっていう人も多いのではないでしょうか。

でもそれは要注意!!
行き過ぎると、風俗嬢に出禁にされてしまう可能性があります。

長く通っていようがお金を使ってくれようが関係なしに
ある日突然予約できなくなってしまった…という事態を経験した人は
実は意外に多いようなんですΣヽ(゚Д゚○)ノ

ということで今回は風俗嬢が客を切る理由について話していきましょう!

風俗嬢が客を出禁にするわけとは

出禁

1. ストーカー化

プライベートに探りを入れてきたり、跡をつけて来られるなど
ストーカー化してしまったお客に対して出禁することは多いです。

男性が女の子を好きになってしまったからと言って、
風俗嬢と客の関係性を無断で壊そうとする行為は許されません!
これは女の子自身の身を守るためですし納得ですね!

2. ワキガ・口臭

ワキガ・口臭をそのままにしている人は出禁にされやすいです。
女の子に気を遣ってケアをしているのならまだ我慢もできますが
無自覚で吐き気を催すような悪臭を放ってる人は対処しづらいですからね。

これもワキガ・口臭もちの人には申し訳ないですが
致し方ないような気がします…(;-∀-)

3. 性病

性病の疑いのあるお客さんも出禁にする風俗嬢は多いそうです。

それはもちろん仕方ないとは思うのですが、せめて一言
「もしかして性病じゃない?」
と声をかけてもらえるといいんですけどねぇ…。

自分が性病だと知りつつ風俗店に行く悪質なお客さんも多いのでしょうか?(´;ω;`)

4. ネット掲示板に書き込んだから

ホスラブなど風俗関係者が書き込むネット掲示板などに自分のことを書き込まれると
それがたとえ褒めてあったとしてもあまり良い思いはしないですよね。
「君のことを悪く言うやつのこと許せないよね!ちゃんと反論しておいたから!」
とドヤ顔で言うお客さんは、たとえ常連客だとしても切ってしまうそうです。

5. 鬼電鬼メールがうざい

毎日のように電話やメールをしてくるお客さんは
うっとうしいので切ってしまう女の子が多いとのこと。

連絡先を教えてもらえたのが嬉しいからって過剰に連絡しすぎると
女の子から嫌われてしまう可能性が高いので注意しましょう!(`・ω・´)

6. もう話すことが無い

週に何度も来るような常連客だと、口ベタな風俗嬢の場合
話すことが無くなってしまい気まずくなることもあります。
その時間が苦痛になり、お客さんを出禁にしてしまう風俗嬢もいるのだとか。

うーん、接客業なんだからその辺は頑張れよ!!と言いたくなってしまいますね…。

7. お金を貢ぎすぎる

毎日のように来る、出勤時に貸切にする、高価なプレゼントを渡すなど、
女の子に対してお金を使いすぎると出禁になる可能性があります。

「はぁ!?」と思う人もいると思います。おっさんもそう思いましたww

最初は女の子もありがたく感じてくれるのですが、
一緒にいる時間が長くなると段々とお客さんの存在が重たくなるんだそうです。

おそらく「見返りを求められるのでは」と女の子が感じてしまうんでしょうね。
それだけお金を使うってことはお客さんも風俗嬢にかなり入れ込んでいるようですし。

お金を使えば使うほど女の子は嬉しいはずなのですが
やりすぎると出禁になってしまう可能性があると。
…うーん、女心っていうのはなかなか難しいですね・゚・(ノ∀`;)・゚・

8. 気持ち悪い

何度もお客さんと顔を合わせるうちに、段々と気持ち悪くなってくる。
…これが常連を急に出禁にするもっとも多い理由でしたwwww

どんなひどいお客さんでも1度目は我慢できる。
しかし何度も何度も生理的に無理な男性客を相手にするのは
風俗嬢にとってかなり負担が大きいようです。

客側にとっては「そんな殺生な!!」と思いますが、
やはり性的サービスをする女性にとっては重要なんでしょうね。

最初の5つ目くらいまでは出禁になっても納得できますが、
「話すことが無い」「お金を使いすぎ」「気持ち悪い」などは
自分じゃどうにもならない理不尽な理由ですよね…。

「今まで仲が良かった風俗嬢にいきなり切られた!どうして!!」

と悶々と考えてしまう真面目な男性もいると思いますが
サクッと切り替えて次のオキニを探すのをおすすめします!

ちなみにおっさんはデリヘルじゃぱんhttp://deli-fuzoku.jp/)で新規開拓するのがおすすめ!
可愛いデリヘル嬢がたくさんいるので、オキニもきっと見つかりますよヘ(゚∀゚ヘ)

BETTYのイメージ画像

コメントを残す

ブログのご意見・ご感想をお気軽にどうぞ。おっさんが喜びます。