未成年もガッツリ稼げる!ぼったくり業界の実態とは

歌舞伎町の客引き

どうも~!魔法使いにならなかったおっさんですヘ(゚∀゚ヘ)

このブログでは何度か悪質なぼったくりについて取り上げてきましたが、
今回は客引き(キャッチ)をやっていた男性を取材した記事を見つけたので皆さんにも共有します。

この記事を読めば、なぜ客引きがいなくならないのかわかるはずです。
ではどうぞ!!!!

元客引きに聞いた ぼったくりの実態

ぼったくり

「稼げるよ。やらん?」――。愛知県の20代男性は10代後半の時、友人に誘われて客引きを始めた。毎日のように街頭に立ち、たくさんの客を「ぼったくり店」に案内した。多い月には80万円を稼いだといい、「悪いのは店の方。罪悪感はなかった」と打ち明ける。
 夜から明け方にかけて錦三の街を歩いた。ターゲットはきょろきょろ入る店を探す会社員風の男性。「遊ばないですか」「いい娘(こ)いますよ」と声をかける。1時間当たりの基本料金(セット料金)は、自分で設定して客に持ちかける。「だいたい5000円が多かった」と言う。
 セット料金の2割が手取り収入になった。多い時で1日に15組、40人ほどを店に送り込み、1カ月で30万~80万円ほどを稼いだ。「収入面の良さに加え、普通のバイトと違って、街を歩いているだけの自由な感じも良かった」。日払いで支払われる給料は、ギャンブルやブランド品の購入、飲食代などですぐに無くなった。
 男性によると、錦三には数十の客引きグループがある。グループごとにキャバクラやガールズバー、性風俗店などと契約し、無料通信アプリ「LINE(ライン)」でグループの「先輩」から客に勧める店について指示が来た。客引きは20代が多いが、中には中学・高校生もいたという。
 男性はこれまで、県条例違反容疑で複数回検挙されたことがある。未成年の時は気に留めなかったが、成人してからは、「捕まって罰金を払いたくない」と客引きから遠ざかった。
 県警の取り締まり強化にもかかわらず、錦三から客引きの姿が絶える様子はない。「稼げることが一番の魅力。ぼったくり店を無くさない限り、客引きもいなくならないよ」

引用:毎日新聞

客引きの中には未成年は当たり前。
中には中学生や高校生までいるって言うんだから驚きですΣヽ(゚Д゚○)ノ

そんなまだまだ子供の彼らが、月に30~80万円も稼げるのが客引きの仕事。
未成年なら検挙もそんなに怖くないし、無茶な客引きをする男性がいるのもうなずけます。

悪質な客引きを消滅させたいと思うのなら、
まずはぼったくりを雇うような悪質な風俗店を摘発するのが先でしょうね。

もしくは男性客が全員「客引き=ぼったくり」というのを理解さえすれば、
客引きに誰もついて行かなくなるので、自然と消滅すると思います。

そんな日が来るように、おっさんはぼったくりに関する記事をアップし続けますよ~ヘ(゚∀゚ヘ)

BETTYのイメージ画像

コメントを残す

ブログのご意見・ご感想をお気軽にどうぞ。おっさんが喜びます。