AV出演の強要!違約金・親バレなどで脅す悪質AVメーカーの手口

魔法使いにならなかったおっさんですよ!
今日は気になるAV関連のニュースがあったので皆様にご紹介しましょう!

AV出演拒否の女性、所属プロに勝訴 「意思に反し許されない」 東京地裁

avsaiban

アダルトビデオへの出演を拒否した20代の女性が、所属プロダクションに違約金約2400万円を請求された訴訟の判決で、東京地裁が「本人の意思に反した出演は許されない」として、請求を棄却していたことが29日、分かった。判決は9月9日付。プロダクション側は控訴せず確定した。

判決などによると、女性は高校生だった18歳の時、タレントにならないかとスカウトに勧誘され、内容をよく理解しないまま契約書に署名。強引にビデオに出演を迫られ「いやなら違約金を支払え」「親にばらすぞ」と脅された。

女性が契約解除したいと伝えると、撮影予定のビデオ1本の売り上げを約200万円として違約金を請求された。

原克也裁判長は「プロダクションは、莫大な違約金をたてに、意に反して出演を迫った」と指摘。女性には契約を解除するやむを得ない事情があるとして、支払い責任はないと述べた。

引用:産経ニュース

うおー!!こんなことってまだあるんですねーΣ(゚ロ゚;)
今のAV業界は昔と比べてクリーンになってるし、珍しいケースでしょ!…と思ったらそうではないみたい。
支援団体「PAPS」によると、タレントやモデル契約と騙してAV出演を強要したという被害相談は70件以上あるらしい。

ちなみに典型的な例としてはこういうケースだって。

AV出演を強要される典型的な例

muriyari

女子高生や大学生が繁華街で、「芸能事務所のスカウト」や「テレビ番組の出演」などとして、しつこく勧誘され、断り切れずに事務所や車の中に連れて来られると、「年齢確認のため」と、学生証や免許証などのコピーを取られます。その後、複数の男に囲まれるなどして、服を脱いで写真を撮影させることを執ように求められ、撮影されてしまうと、コピーした身分証明書とともに写真を公表するぞと脅し文句を言われたうえ、契約書へのサインをしつこく求められます。
その場を逃れたいと契約書にサインをしてしまうと、そこからまた要求が始まります。女性側が契約を解除してほしいと求めても、契約書にサインしていることを理由に、アダルトビデオへの出演を求められ、断っても無理やり撮影されてしまうケースもあるということです。
撮影が終わると、女性側は5000円ほどの謝礼を受け取ることや、断ったとしても、領収書に名前を書くことを強要されます。女性側が警察に訴えたとしても、「金銭のやり取りがあり、合意のうえでの撮影だった」と主張する。

引用:NHK NEWS WEB

ひえ~!!!ヤクザの手口ではないですかっ!Σヽ(゚Д゚○)ノ
ってことは、自分が見ているAVの中にも無理やり出演させられてる子とかいるのかなぁ(´;ω;`)

それにしても、悪いことしてるのは100%プロダクション側なわけじゃん?
なのに裁判にまで持ち込んだプロダクションはバカとしか思えないよね~。

次は女性側がプロダクションを訴えるのかな。
そしたらAV出演を強要されている女性は少し希望を見いだせるかもしれないね。

女性の皆さん、スカウトは危険なことがいっぱいです!!
もちろんスカウトする側が100%悪いですが、女性たちもスカウトにほいほいついて行かないように!

AV出演したい女性は、自分で優良メーカーに問い合わせてみるのも1つの手ですよ。

BETTYのイメージ画像

コメントを残す

ブログのご意見・ご感想をお気軽にどうぞ。おっさんが喜びます。