摘発されたサンキューグループから学ぶ 激安風俗店が成り立つ理由

本番しようとする風俗嬢

風俗を利用したいけど、どうしてもお金がない…!
そんな時に利用を考えるのが“激安風俗店”ですよね!

でも激安店ってお客からもらえるお金が少ない分、女の子の給料も低くなるはず。
ということは、女の子を維持するのって大変だと思うんですが…。

疑問に思ったおっさんは、今年の1月に摘発された激安デリヘル「サンキューグループ」について調査!
すると激安風俗が運営できるカラクリがわかってきました!

激安風俗が運営できる理由とは

激安風俗店がある理由

激安風俗が運営できる理由は、大きく分けて3つあります。

お茶を引く女の子がいない

激安風俗店は「キャンセル・チェンジ不可」が基本。
そのためお客がつかない(お茶を引く)女の子が出ることはありません。
出勤すれば必ず日銭が稼げると言うのは、女の子からすれば最大のメリットです。

お客がたくさん来る

激安風俗店の中には1万円を切る値段で女の子とエッチができるお店もあります。
そのため、お金のない若い男性から生活保護を受けているような中高年まで、たくさんの人が利用しています。

例えば1度のサービスでもらえるお金が3,000円だったとしても、1日3人のお客さんを相手にできれば9,000円です。
普通の風俗店ではお茶要員だった女の子からすれば、これでも御の字と言えるでしょう。

口コミで女の子が集まる

出勤すれば必ず稼げるとなると、風俗嬢同士のコミュニティですぐに噂が広まります。
それを見た風俗嬢は「お茶要員として今のお店にいるよりも、激安風俗店で確実に稼ぎたい」と思い、どんどん激安風俗店に流れてきます。
お店側は求人広告にお金を掛けなくても、友達の紹介などで女の子を確保できるってことですね。

サンキューグループはなんで摘発されたの?

サンキューグループの逮捕画像

一部報道では、サンキューグループを利用したお客さんが「写真と実物のデリヘル嬢が違いすぎる」と警察側に通報したと言われています。

安くて本番だってできる貴重なデリヘルなんだから、パネマジくらい我慢すればいいものを…。
それとも人間とは思えないような、マツコ・デラックス並の女性が来たのでしょうか。

マツコデラックスの画像

うーん…これなら文句言いたくなる気持ちもわかりますがwww

他にも「無理やり本番させられた風俗嬢が警察に相談した」「同業者からねたまれて警察にタレこまれた」など色々な噂が飛び交っています。
結局どれが決め手となったかはわかりませんが、警察が調べてみたら本当に売春していた!ってことでしょうね。

ちなみにサンキューグループはまだ営業は続けています。

サンキューグループのホームページ画像

ホームページもこの当時のまま。
さすがにあんだけ話題になったんだから今は本番ができるとは思えません。
でも気になるのなら、是非一度利用してみてはいかがでしょうか?ヘ(゚∀゚ヘ)

BETTYのイメージ画像

コメントを残す

ブログのご意見・ご感想をお気軽にどうぞ。おっさんが喜びます。