なぜソープランドは本番をしても大丈夫なのか【風俗の疑問】

ソープ嬢の裸

どーもー。魔法使いにならなかったおっさんです。
今回、おっさんがずっと疑問に思っていたことを調べてみました。その疑問とは…

“本番行為は違法なのに、なんでソープランドはだけはOKなのか”

これ!めっちゃ気になるでしょ!!ヘ(゚∀゚ヘ)

その疑問に答えてくれる記事を見つけちゃったのでご紹介します!!

なぜソープランドの「本番」は取り締まられないのか?

ソープのプレイ写真

(前略)
日本では1957年に「売春防止法」が施行されて以来、「不特定の相手方と性交すること」をビジネスとすることは禁じられている。(中略)
ではなぜソープランドは堂々と看板を掲げて商売をしていても、摘発されないのか。『日本の風俗嬢』の著者、中村淳彦氏は同書で次のように解説をしている。

「それは売春防止法の目的と関係しています。同法は、売春をするおそれのある女性を処罰するためのものではなく、『保護』が目的になっており、処罰対象は店舗経営者や責任者などの『売春を助長する行為』だけなのです。つまり悪いのは『管理売春』の運営側であり、女性側ではない、という考えが根底にあるのです」

そして、ソープランドの場合、「管理売春ではない」という建前を店は貫いている。そのため料金も2段階になっている。店の受付で支払うのは入浴料のみで、サービス料は女性に直接渡すのが決まりである。つまり、店はあくまでも入浴の対価を客から頂戴するだけで、室内で客と女性がどういうことをするのかについては関知しないということである。実際に、どの店においても、こういう「2段階表示」になっているのが分かるはずだ。
「室内で使用するコンドームやうがい薬などの備品は、店ではなく女性が揃えなければならないのもそのせいです」(『日本の風俗嬢』より)(後略)

引用:矢来町ぐるり

ほうほう。簡単にまとめてみると

  • お店側の収入は入浴料のみ。つまり場所提供しかしていない。
  • 室内で使用する道具は店側では用意していない。
  • 個室で客と女の子が何をしているかは店側は知らない、責任も負わない。
  • 万が一、裸の客がムラムラして女の子に同意の上で性行為をしてもそれは売春じゃない。自由恋愛。


だからソープランドは管理売春ではない!ってことですね。

こんな曖昧な感じで管理売春じゃないって認められちゃうんだΣヽ(゚Д゚○)ノ
じゃあ風俗店は全部入浴料とサービス料を分けて、ソープ化しちゃえばいいのに!

…って思ったけど、ソープランドの新規店は一部地域を除いて規制されているらしい。
それとかなり警察の目が厳しいから、衛生検査とか指導とかうるさいんだって。
そりゃやりたがる経営者、あんまりいないだろうね~(-ω-。)

ソープランドでも摘発されることがある!?

ソープの摘発事件 写真
ちなみにソープランドなら絶対に本番をしても取り締まられないわけではないらしい。
実際に2012年の12月には吉原にある「オレンジグループ」っていう一大ソープグループが摘発されました。

オレンジグループと言えば激安ソープで有名だったところ。吉原に価格破壊をもたらした張本人でした。
しかも屋外プレイとか、脱税とか、薬物使用を常態化させていたとか、色々黒い噂もあったらしい。

出る杭は打たれる。
色々悪いところが目立ち過ぎるお店はソープでも摘発しますよ~っていう見せしめだったのかもしれませんね。

2020年には東京でオリンピックが行われます。
エンブレム問題や新国立競技場建設費問題など色々問題を抱えてますが、きっと行われるでしょう!ww
オリンピックが近くなるにつれ、風俗の取り締まりは強化されると見て間違いありません。
(※詳しくは【オリンピックに向け、本番をする風俗店が摘発されてる件】をご覧ください)

風俗経営者の皆さんは健全な営業をして、世界中に日本の風俗のすごさを見せてやりましょう!!ヘ(゚∀゚ヘ)

BETTYのイメージ画像

コメントを残す

ブログのご意見・ご感想をお気軽にどうぞ。おっさんが喜びます。